今回は「継続する力」継続力について、どうしたらアフィリエイトの作業が継続できるのか、という話を中心にしていきます。

こんにちは! 収入を今より5万円増やしたい主婦の味方アフィリエイトの伝道師、Nanaです。^^

アフィリエイトの世界も例にもれず、継続できずに日々どんどん脱落者を生んでいます。なんて不名誉な話なんでしょうか(苦笑

そこで、そうならないためにどうすればいいのか、どんな心構えで進めていくべきなのか、という話をしていきます。

具体的に何をするのかと言う話もしていくので、これからビジネスを始める人は近い将来にしっかり使って欲しいですし、まさに脱落しかけている人は、挽回するチャンスなのでお役立てくださいね。

継続力がない?!アフィリエイトが続かないのは何かがむずかしいわけではない

アフィリエイトを始めてしばらく経つと、いつの間にかもう記事の更新などをしなくなったりして続かないケースもかなり多いです。

これからアフィリエイトをやろうという人には「え~~~?!」って話ですが、隠しても仕方ないので、現実をしっかりお話して、そうならないよう反面教師にしてくださいね。

人間のやる気ってスタートが一番強いものなので、そのパワーがあるうちにどこまでできるかっていうのがまず大事です。そして、それが切れてしまわないように継続させることが次に重要になってきます。

そして、そのやる気が継続できている間に、少しずつでも実践を進めて、小さな成果を出していく。何らかの成果が出れば、人間のやる気は継続します

成果というのは何もお金だけではなく「お客さんからの反応」というのも継続できるひとつの成果になります。

冒頭でお話したように、多くの人がアフィリエイトをかじった状態で止まっている、というのがのリアルな話です。

アフィリエイトでの成功者が90%にも満たないというのは、実は、やりきった人が少なすぎるのが一番の理由です。

継続できない理由

多くの人は、まだ失敗だったのか、成功だったのかその作業がムダなのかどうかがわかってないまま、作業を止めてしまっています。立ち止まるタイミングを間違っている。

私も正しい道を進みましょう!なんてこともよく言いますが、もし、信頼できる実力者が提供している情報を仮に受け入れて作業を進めていたとしたらそれは大抵は大きく道をそれていることはありません。

だって、やることはブログを作ってメルマガ発行するだけですからね。(もちろん、具体的にはいろいろありますけど)

またまた〜、Nanaさん調子のいい事言わないでください!という声も飛んできそうですが、本当です。

であれば、稼げないでいる根本的な原因って、単純にやるべき作業が成し遂げられていないということでしかありません。そう「やり遂げてない」からですね。

そこまでやり遂げないと、間違っているのかいないのか、実際には誰にもわからないからです。

目標100記事を書くことをやり遂げるために

例えば、ブログメルマガアフィリエイトでやることはまずはブログの構築で、そして記事の投稿を毎日やること。

記事の更新を3ヶ月(100記事を目安に)というのが最初の壁。毎日一記事の執筆ができない人が本当に多いのです。だからと言って、すごくむずかしいわけではないです。

ただこれだってやり方を間違えていると簡単にやる気がなくなります。ネタがない、という産みの苦しみで、これで悩む人は意外と多いんです。

ネタにしても、記事テーマにしても、極端な話、先にある程度の記事数分決めておけば、ここでコケることはないわけです。でも、それを守ってやってる人は意外と少ないですね。

だんだんアフィリエイトの作業が板についてくればいいんですが、「リサーチしながら記事を書く」をセットにしてやって、きちんと記事が書ける人って少ないです。

リサーチするならリサーチする時間にして、ノートに書き留めたり、そこから考えを巡らせて記事のテーマなどを決めるという作業を時間をとってちゃんとやってしまうんです。

これをやる気がある最初にやってしまうわけですね。そうすれば、あとは書くだけですから(笑

100記事の目標を達成して初めて新たな問題点が出てきたら理由を考え対策する

この100記事の執筆を達成しないと、次が見えてきません。この記事を書いている間に、ライティングも学びつつ、書いていれば、そこそこ読者さんからの反応というのは100記事までいかなくても出てくる人だっています。

ここで読者の反応がなくても、それほど問題ではありません。ただ、正直な話、コンセプトやターゲットがしっかり決めてあり、またターゲット層もある程度いるということでスタートしていれば、100記事までに全く反応がないことは少ないです。

ただ、遅咲きのブログというのがあので、ブログはとにかくある程度育つ(収益につながるアクセス数を稼ぐのに)最低でも1、2年はかかると思って問題ないです。

もし、100記事書いたのに半年以上、全く反応がない「ゼロ」なら、ライティングの問題かもしれないし、コンセプトがズレているとか、ニッチすぎるとか、発信している情報そのものがためになってない、つまらないとか、読者に響かないとか、いろいろな理由が考えられます。

であれば、そこを改善すればいいだけのことなんです。まぁでも、一人でも二人でもまず反応来ますので、よっぽどニッチか、大きすぎる市場で単純に人の目に触れていない可能性を疑いましょう。

一方、きちんとその通りにやって行ける人であれば、作業したことを打ち出せば反応があるし、その反応に基づいて、企画や特典を作る事になるのでどんどん良い循環が生まれてきます。

まずは自分の情報発信をして、それを継続すること、やらずに放置しないことが、数ヶ月後のブログに変化をもたらします。

お問い合わせがきたり、コメントがついたり・・・

多少放っておいても、アクセス数が1日数名でも来ていたりサイトの滞在時間が延びていたり・・・という状況になります。

それだってゼロから考えたら大きな変化ですね。

継続力はひとりの読者を大切にするところから生まれる

ただ、せっかくサイトに誰かきてくれたとしても、完全に放置している様子がわかったら、、そこでもう二度とサイトにはきてもらえませんからね。

どれだけ売れてるミュージシャンだって、最初はたった1人やたった数名のファンからですよ。

路上から始まって今では大きなドームを埋め尽くすほどのファンがついていたりします。

たった1人のファンを大切にしない行為。

それが、もったいない、って話です。それこそが継続できない理由に繋がっているのです。

ネット上に五万とあるサイトやブログの中からあなたのブログを見つけてきてくれたのに何もさせずに帰らせてしまっているんです。

何かして帰ってもらう準備は、たった1人のお客さんが来た時からできるようにしている人としていない人の違いは大きいですよ。

反応が1人、2人だからってそれもゼロと同じにしてしまっている。あー、もったいない!なんですよ、これって本気で(笑

1人でもいれば、素晴らしい実績ですよ、ホントに。お問い合わせがきたとか、記事おもしろかったです、という反応ですね。

最初の壁を越えられていないアフィリエイターにならない

100記事というのもある意味目安なので、自分が目指す、読者のためになるコンテンツとして、満足できる状態まで、記事などを増やしてどんどん進化させていきましょう。

コンテンツがある程度「これで自分の読者さんが満足する内容に仕上がったな」という状態になるまでは(自分でわからなかったら知人や周りの人にチェックしてもらいましょう)無心で進むわけです。

成功している人でさえ、イチからブログを構築するならそうですからね。後発組の私たちがそれをやらずして成功はないのは当然です。

ブログが育って、検索サイトでも上位に表示されるようになるまでは、時間がかかります。

なので、毎日1記事100記事まではとりあえずがむしゃらに書く!(それを過酷な労働だと思うなら情報発信では残念ながら食えません(汗)

これはいろんなところでみんなが言ってるセオリー的なことだし、だったらやらなくちゃ上手く行く訳ないんですが、この100記事にたどり着けない、壁を越えられないアフィリエイターにはあなたはならないでくださいね。

継続する力はスキルを身に着け増やすところから始まる

成功している人ほど「継続の偉大さ」を心得ています。

だから、ずっと続けていることがいくつもあるんですよね。だから当然ビジネスの成功だって続いているし揺るぎないものとなっている。

ただ、本当にこういう人は少ないです。特に継続の部分では、口ばっかりみたいな人はたくさんいます。^^; 実践することはいろいろ変化しますが、軸はブレてはいけませんね。

継続しながらも、進化し続けないといけないのでこれはこれでまた新たな試練です。(そこがまた挫折のポイントにもなる)

語学学習が、3日でしゃべれるようにはならないのと同じように
漢字を一気に覚えられない息子と同じように

ある程度、知識として頭に入れて、使いこなせるようになりマニュアルや指導がなくても自分で使えるようになることスキルを身につけると言います。

ネットビジネスの肝であるスキルのライティングはかなり重要度が高いですし、これは毎日書く事でしか上達の道がありません。どれだけ書いてきたか、です。

それをがむしゃらにやってある程度自分が書いた記事がたまれば、少しペースを落として、見直したり、ちょっとまたインプットしたり他の作業をやればいいんですね。

そこで初めて多少は放置してもまぁいいかな?という状態です。完全放置というよりは、更新頻度を少しゆるく(3日に1回とか)にするって感じですね。

そうすれば、毎日やっていたうちの、2日は他の作業に当てられます。

継続する力が特に必要なアフィリエイトの世界 まとめ

継続には、ある程度の「成果」が必要だってお話でしたが、いかがだったでしょうか? 成果と言ってもいろいろありますが、一番の根っこになるのは「1人の読者(お客さん)だって大切にする気持ち」です。

記事を書くことに全力で取り組むために、最初にリサーチして記事ネタやテーマを決めましょうというお話もしました。

ライティングも学べる書籍や教材もいろいろあるので勉強しながら日々書けば、読者の反応という成果が得られます。

アフィリエイトに限らず、情報発信でビジネスをする場合に、ブログの構築、メルマガの配信など、文章を作るということは避けられません。つまりライティングですね。これは、学びだけでは上達しないので、日々書くことが大切なので、最初にやるべき100記事の投稿というのは、ある意味、初心者がライティングを上達させ、初心者を脱出するのに絶好のチャンスなんです。

あなたは、継続できないアフィリエイターにならないよう、今回の記事をお役立てくださいね。

では、今日はこの辺で。