このページでは、アフィリエイトでの「商品の選び方」ということで、と特に売れている商品を売るという方法を中心にお話していきます。
⇒(ブログ作りの全体の流れが分からない方はこちらを先に読むと良いです。)

こんにちは、アフィリエイトの伝道師、Nanaです。

私がいろいろ試行錯誤した結果、このアフィリエイト商品の選び方が一番成果が出ていてシンプルな方法ですので、私のやり方ではありますが、ご紹介していきますのでうまく取り入れて使っていただければと思います。

ちなみに、アフィリエイトをやろう!と決めて、最初にあなたは何をするでしょうか?

私は、まずアフィリエイトで「何を売るのか」ということで自分の運営するサイトで売る商品を決めていきます。

極論は良い商品であれば何でもいいんですが、それでも最初から何でも屋さんでは立ち上げがむずかしいので、自分に売りたいものがないからアフィリエイトをやるわけですから、企業や個人が売る良いモノの中から探す必要があるわけですね。

アフィリエイトで何をやりたいのか?といえば、収入を得たい!というのはみんなが考えることで、収入を得ることを度外視してアフィリエイトをやる人はいませんからね。

ただ「金だ、金!!」ということで金の亡者と化してやれということではなくて、自分が目指す未来のために収入を得たいのならば、ブログアフィリエイトの場合、広告を貼ってクリックでのクリック報酬を得るか、商品があなたのサイト経由で売れて報酬が発生する成果報酬型のどちらかです。

なので、広告を貼るのもひとつの手段ですが、ここでは私が実践している成果報酬型のアフィリエイトを解説していくので、売れるための商品というのを最初に決めておくのです。あなたは紹介するだけですが「あなた経由で売れる」ことが大前提だからここは丁寧に選ぶわけですね。

だから、テキトウにササッと決めるのではなくて、しっかりリサーチし、吟味し「これを売りたい!」「これを紹介したい!」と心から思える商品を自分自身で見つけて欲しいのです。そのリサーチ方法なども順に具体的にお話します。

ASPでアフィリエイター登録をする

(すでに登録済みであれば、ここはスルーしてオッケーです。)

初心者講座の記事で解説しているASPへの登録は必須です。これがしっかりできていることを前提でお話していきます。まだの方はまずはASPへのアフィリエイター登録を済ませましょう。(⇒ASPについての記事

そちらの記事でも解説していますが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)が、商品を売りたい企業の商品を募ってASPサイトで商品の掲載をしています。インフォトップのような情報商材に特化したASPもあれば、いろいろな商品を取り扱うA8ネットのようなASPがあります。

私は情報商材を主に取り扱っているのでメインでインフォトップにお世話になっています。アフィリエイター登録した方がより詳しくリサーチできるのでまずは登録ですね。

まずはASPでアフィリエイター登録をして、商品選定をやっていきます。

どのジャンルに参入するのか商品リサーチからヒントを得る

まずは、何も考えずにASPサイトへ行って、売れている商品や注目されている商品、ASPが一押ししている商品など

「どんな商品があるのか」
「何が売れているのか」

というのをリサーチしてみてください。そこから自分が参入するジャンルを決めます。パワーブログでは、ジャンルはひとつにつき1サイトを推奨しています。

そして初心者さんであればあるほど、ニッチな市場などは間違っても選ばずに「普遍的なジャンル」「多種多様なニーズ」があるジャンルを推奨します。理由は、売れやすいからに他なりません。ちなみに、多種多様なニーズがあるのは
「ビジネス・投資・コンプレックス」ですね。

ちなみに

・ビジネス
・投資
・英語
・美容(コンプレックス)
・恋愛(お悩み・婚活)

が情報商材では、商品が豊富なジャンルと言えるでしょう。売れている商品の中でいくつかめぼしい商品を見つけたら、その商品が売れるジャンルというのがわかりますよね。

例えば、「初心者でも株で30万円からコツコツ資産を増やす方法」みたいな株投資の商材などいくつか売れている商材があったら、それを売るためのジャンル⇒投資に参入しようかな~と頭に思い浮かべるわけです。この時点では、
商品 ⇒ ジャンル を選定する感じです。商品はひとつだけではなく、いくつか候補を上げて構いません。

逆にひとつしか売りたいものがないよりもいいです。情報商材は突然販売中止、というようなことが起こる確率はゼロではありませんからね。

インフォトップで売れてる商品を探す方法

インフォトップでは売れ筋商品をアフィリエイターのページで検索できます。

①ログイン後の画面の上部のタブの左から3番目「商品指定リンク作成」をクリックします。

②商品指定リンク作成ページへ行くと、さらにタブがあるので「売上ランキング」をクリックします。

「カテゴリー」「検索種別」「登録日」をいろいろ組み合わせて検索します。
(他の項目は特に設定の必要ないです。)

特に、検索種別や登録日はその組み合わせでも変わってくるので、いろいろ試してみて欲しいですが、私は「検索種別」は購入本数と購入率をそれぞれ調べるようにしています。後、登録日は全期間で調べることが多いですね。これは一概にどれが良いという決め付けはしたくないのでここではあまり具体的にはお話しません。

参入する市場(ジャンル)を決めるときのポイント

◇5年、10年後も存在する可能性の高い市場
◇市場が縮小しにくいターゲットがジャンル(成長性が見込めるとなお◎)
◇毎年ターゲットが生まれるジャンル
◇新しいサービスが常に生まれるジャンル

※専門誌が発行されるようなジャンル(専門誌はないけれど、恋愛系、婚活系)もお勧めです。

ネットで売れやすい商品を選ぶ

ネットで売れやすい商品はネットと関係性が高い商品これはつまり、ネットじゃないと買えない商品(通常のネットショップでは手に入らない)とかリアル店舗では買いずらいような商品も含まれます。

ネットを日常的に利用するユーザーと関係性が高い商品がネットで売れやすいです。インターネット、パソコンをあまり使わない年代や層をターゲットにしてもネットで購入して欲しいものは売りずらいという理屈です。日常的にネットでお買い物をするような層の方がより購入する際のハードルが低いです。最近はスマホの普及で、ネット環境は幅広い世代が利用しているとも言えますね。

自分が嫌いだとか、興味がどうやっても湧かないジャンルはやめておいた方がいいです。例えば、知り合いで情報商材アフィリエイトでしっかり実績も出ているのに、稼げるのはわかっていてもギャンブルが嫌いなので絶対にギャンブルのジャンルには参入しない人というのがいます。

そういうこだわりは多すぎると選べる商品がなくなってしまいますが、どうしても譲れない、抵抗や苦痛が伴うと予想できる、という感覚は大切です。稼げるから!というだけで無理にそのジャンルに参入するのではサイト運営が続きません。

【商品選定の鉄則】

「売れている商品」を第一候補にする選び方
ASPの売上げランキングや、ASPの一押し商品などの中から候補を上げて、信頼できるレビューサイトお勧めかどうかチェックする。

  1. ランキングなどから売れている商品チェックして選ぶ
  2. その商品が売られているマーケットをリサーチし(マーケット=ジャンル)を決める
  3. そのマーケット(ジャンル)に属する商品を再度選ぶ

つまり

商品 ⇒ ジャンル ⇒ 商品(再考)

の順番で商品を決定していきます。最初にジャンルをざっくり決めて、ビジネス系で行こう!と決めて進めるのもありですが、自分がより興味が持てそうなジャンルの方が長続きするので、そこは自分の心の声にきちんと向き合って考えてくださいね。

また、その商材(商品)を友人や家族にすすめられるのか? というのも選ぶ基準にするのもひとつの方法です。実際に勧めるかどうかは別ですが、私の知り合いは、両親や奥さんに自分が一押しのアフィリエイト商材をすすめて実践しさせているという話ですから、そうやって家族でできても愉しいですよね。

【重要】商品とテーマの違い
◇商品が先 ⇒ テーマを決めるターゲットがぼやけないように⇒ 詳細はこちら
◇商品から思考をスタートさせる ←(鬼重要)

※戦略としては「その商品」を売るためのサイトを作るというイメージで、商品を最初に考えることで「どんな人がその商品を欲しがるのか」ということも考えられるし、「またどんな未知のターゲット(どんな人)に手にして欲しいのか」それによってターゲットを絞り込むことができます。

その上で

・どうやってその商品を売るのか?
・売るためにどんなサイトにするのか?

という部分に思考が進んでいくので、その考えにたどり着くためにも、まず最初に商品を決定することを重要視しています。

どんなビジネスをやるにしても「提供できる価値」がなければいけないので、アフィリエイトの場合は、その商品選定が重要になってくるわけですね。ただ、商品選定も重要ですが、次のターゲット選定もさらに重要ですので、続いて別記事で解説していきます。

パワーブログ戦略【②ターゲット選定】