このページでは、アフィリエイトのライティングのコツについてお話していきます。

ブログを使ってネットで稼ぐのであれば、アフィリエイトだけでなく避けては通れないライティングを含むブログ記事戦略です。

あなたのブログの記事の書き方で、これからのアフィリエイトでの収入にも関わってきますので

アフィリエイトで売れない

ライティングのコツがわからなくて
・記事が書けない
・ブログアクセスがない
・ブログ収益がない

などのお悩みにお答えする内容で進めていきたいと思います。

つまり、この記事を読み終わったあなたは、最初から売れるブログの記事を書いていくことができますし、すでにブログはあるけれど、お悩みがあったのなら、その悩みを解決すべく行動できる内容です。

では、始めましょう。

まずは、多くの人が陥りやすい問題を洗い出します。

記事が書けない理由と対策

・ネタがない
・記事構成を先に決めていない

ネタがないのはリサーチ不足なだけ

ネタがない、という理由をよく聞きますが、これはただの『リサーチ不足』です。さらに掘り下げると『何をリサーチするかわからない』ということになります。

これは、自分がやろうとしているジャンルで、どんな言葉(キーワード)が検索されているのか、そのキーワードで検索するとどんなサイトが上位にくるのか。まずはここをとっかかりにしましょう。

ジャンルで自分が扱う商品のカテゴリーの言葉からリサーチを始めてもいいです。その際に、それ以外のことに寄り道しないように工夫してください。

たいていは、調べている間に脱線して、その日の作業時間を失っている場合が多いです。(脱線防止例:他のことを調べそうになったら水を飲むw)

ここを徹底的にやると、読者が何で悩んでいるのか、がわかってくるので、書きたいことが浮かんできます

記事構成を先に決めると迷わない

キーワードから仮タイトルを決めて、その記事が誰に向けてどんな悩みを解決するためのものなのか、記事の構成を書く前にしっかり考えて決めてから書くと執筆の途中で止まりません。

私の場合は、マインドマップで読者の悩みを書き出して、それを解決する自分が提供できるノウハウをさらに書き出していきます。

そうすると書くことが出てくるので、最後は、それらをどういった順番に書いたらいいのか、ワードなどのメモ用ソフトで構成の大筋をまとめて書きます。

ブログへアクセスが集まらない理由と対策

この悩みはすでにブログを始めている方になると思いますが、これはブログが上位表示(10位以内:検索1ページ目)されていないからです。

ではなぜ、上位表示されていないのか? その理由は明確でほぼ次の二つです。

・ライバルに負けている
・読者の欲しい情報ではない

これについても、先のネタ探しのところでも解説したように『リサーチ』がモノを言います。ライバルが書いていることも網羅しつつ、なおかつ、あなたならではの読者の疑問の答えとなるノウハウを書くのが理想的です。

読者の欲しい情報に関しては、単純に、あなたもお世話になったことがあるかもしれない、Yahoo知恵袋や他のお悩み掲示板的なページで探してみてください。お宝ワードは、そこかしこに転がっていることがわかります。

誰もが具体的なキーワードを教えないのは、自分が発掘したお宝キーワードだからであり、集客の肝であり、こればかりは自分で探すしかないからですね。

検索サイトでの表示される位置ですが、2ページ目より1ページ目ですし、10位なら5位以内、2位より1位と、表示される位置が変わるだけで、2、3ヶ月後にはウソみたいにアクセス数が爆伸びします。(例外はありますが)

たとえ1日1人しか訪問しないキーワードでも月で30人。100記事あればそれだけで、3000人に毎月あなたのブログに訪問してくれることになります。コツコツ積み上げましょう。

一度、上位表示されれば、あとは、定期的なメンテナンスで基本的には、質の高い記事であれば、ずっと上位に君臨してくれるはずです。

収益が上がらない(売れない)理由と対策

これには2つほど理由があります。

・収益があがる仕組みができていない
・収益があがる仕組みがあるがそのページへのアクセスが少ない

収益があがる仕組みができていない

収益が上がる仕組みというのは、あなたオリジナルの商品レビューページや、各記事の文中に、アフィリリンクを仕込んだりすることです。まずはアフィリリンクを仕込める場所がないか探してリンクを貼ったり、商品レビューページががない場合は、さっそく書きましょう。

収益があがる仕組みがあるがそのページへのアクセスが少ない

商品レビューページがあるのに、そこへその他の記事からリンクを貼って誘導しないとアクセスが集まりません。もちろん検索サイトで表示されることも目指しますが、自分のブログの中で、ぐるぐるめぐってくれる仕組みは侮れないのでしっかり導線を作りましょう。

また、そのリンクがクリックがされているかとか、その数はどのくらいあるのか、という数字を計測するような準備をしていない場合も多いと思います。

そもそもクリックされているのかわからないと、どこをどうやって修正したらよいのかわかりません。計測するツールはマストアイテムです。

まずはクリックを解析してくれるサービスとかありますので、無料のもので使ってみて、いずれは有料のツールにした方がいいですね。
WindowsもMacも使えるクリック解析ツールGRC

では、後半は、すぐに使えるブログ戦略をお伝えします。

アフィリエイトで売れるブログ記事戦略

これまでに、ブログを立ち上げるための最初の準備に関しては、すでに別記事でお話していますので、それをしっかりやってあることを前提にお話していきます。

そちらをまだ読んでいない方は、ぜひ、この記事を読んだ後にでもチェックしてみてください。自分のブログの方向性や、読者層の想定などについても詳しく順を追って解説しています。
ブログ構築の全体像から順番に学ぶ

ブログの記事は3つの役目がある

・入口記事(集客記事)
・出口記事(到達させたい記事)
・資産記事(教育記事)

入口記事はスピード命

入口記事とは、つまり集客するための記事です。なので新しいことが最重要で、悲しいですが、その時、読者をよぶためだけに書くという位置づけの記事です。資産にはなりませんが、一時的でも読者を呼び、一定数はリピーターとなりますので、定期的に書きましょう。全体の10%ほどを目安にします。

ネタですが、私はグーグルアラートというのに自分の運営するブログに関連するキーワードを登録して(現在30個ほど)、関連があるときに記事にしています。

出口記事は収益にもっとも近い

サイトのテーマに合わせて構成します。全体の20%ほど。同じ商品の記事がいくつかあってもかまいません。先ほども書きましたが、あなたのブログ内の他ページからのアフィリリンクは自然に誘導しましょう。

特に商品レビューページには、あなたの読者が知りたいことを書くと反応がいいです。

・本当に信頼できるものなのか?
・本当に役立つものなのか?
・何が改善できるのか?
・得られる明るい未来は何か?

読者は「あなたのリアルで具体的な感想」を知りたいので、「その商品を手にすることでどんな未来があるのか?」ということは必ず伝えるようにしましょう。

自分が使っていてもいなくても「良い商品を必要とする人へ届ける」という意識が必要です。「なぜ、あなた(読者)にお勧めするのか?」をわかりやすく、書けるだけ詳しく示してあげましょう。

資産記事(教育記事)

教育記事ともいわれる記事です。全体の70%くらいがいいです。教育記事の記事構成のアイデアとしてはこのような感じで私は考えています。

・読者に価値を提供する
・「時間をかければ調べることができるけど面倒くさい」がヒント!
・「専門性(オリジナルな視点)+ まとめ 」

資産記事では、読者が知らなかった『新しい価値』を伝えていく記事です。あなたの価値観を伝えることで、『新しい視点』『新しい気づき』『新しい悦び』『新鮮な気持ち』『新しい思考』などなどを読者に伝えていきましょう。

人は知らなかったことで、自分にとってためになるとことに出会うと得をした気分になりますからね。

アフィリエイトでのライティングの4つのコツ

ここまでの、ブログ記事の戦略をしっかり準備したところで、これから話すライティングのコツが生きてきます。

・1記事に1テーマ
・答えを必ず示す
・うまく書こうとしなくていい
・自分の言葉で書く

1記事に1テーマ

1つの記事に、テーマは1つです。

アレコレ詰め込みたくなってしまったり、構成を最初に練らずにタイトルだけで書き進めると、あちこちに話が飛んで収集が付かなくなることがよくあります。これは読者も迷子になりますので必ず守って書いてみてください。

答えを必ず示す

キーワードから読者の悩みをリサーチし、想定して記事を書くことになります。その答えを必ず示す内容の記事にしましょう。

せっかく検索サイトで表示されたあなたの記事のタイトルを観てブログへきてくれたのに、全くタイトルと違うとんちんかんなことが書いてあったり、読んでいくうちに違う結論に達していたり、自分の欲しかった答えがなかったら、もう二度とあなたのブログにはきてくれません。

うまく書こうとしなくていい

私たちはプロのライターではありません。読みやすく、思わず読み進められたらそれで充分です。それには、キレイな文学的な文章とかは必要ありません。

普段、しゃべるときに使う言葉で、友人や家族に話すようにリラックスして書きましょう。上手く書けない人は、しゃべるならできる場合は、ボイスレコーダーなどで録音してから、文字に書き起こしたりするのもアリだと思います。

自分の言葉で書く

先の話と関連しますが、堅い言葉や漢字がやたら多い文章とかはかなり読みにくいです。漢字を多用すると、賢い人が書いたように思えますがただの自己満足なので注意しましょう。

論文のように、専門用語的な、漢字が多い文章は読む気が失せます(笑 ぜひ、意識してみてくださいね。

ライティングのコツの最後に記事の執筆で気を付けたいことをお伝えします。

・読みやすい文字の色や大きさや行間(1行32文字~35文字)
・読者にとって価値のない記事を投稿しない、それそするなら多少時間はかけてよい
・スタートダッシュは1か月は最低でも毎日がんばる(できれば3ヶ月)
・2か月目以降は週に2,3記事も可
・サイト内をめぐってもらうことを意識する

文章術が上達する方法

それでも、うまく書けるようになりたいのが人ですし、上達する方法はいくらでもあって、書籍もたくさん出ています。私もかなり読みまくって書籍でも勉強しています。自分でも上達させるため努力はして損はありません。
文章術上達のための厳選おススメ本

まとめ:アフィリエイトのライティングのコツをつかむことは超重要

ライティングのコツだけでなく、ブログ全体で記事をどのように構成して書いていくのかも含めてお話しました。ライティングスキルがないのはアフィリエイトで収入を得たいなら致命的です。

でも、ここまで書いたことを実際にやってみて、努力して書いて上達しない人もいません。

でここまで話したことを、全部できている人はきっとすでにアフィリエイトでちゃんとした利益を上げているはずです。

ですが、ここまであなたが読んでくださったということは、まだ満足のいく収入になっていないのではないでしょうか。

ぜひ、今からでも、自分のブログ記事と向き合ってみて、修正できるところはどんどん修正してみてくださいね。

関連記事キーワードやタイトルの決め方がわからない人はこちらの記事で解説。
「ブログの記事タイトル」の決め方でアクセスが一気に3倍以上アップ
おススメこれからブログ作りに挑戦しようという方には無料のマニュアルも大好評。
wordpressでブログ作りがイチからわかる小冊子プレゼント中