こんにちは、アフィリエイトの伝道師、Nanaです。

日々の記事書きがコンテンツ構築の肝となるアフィリエイトではとかく注目される「コピーライティング力」。

今日はそんな「コピーライティング力が本当に最強なのか?」というテーマでお話していきます。

コピーライティング最強説って本当?

これは、最強だという説を唱えるアフィリエイターは多いですね。

確かに、コピーライティングの力が備わったらアフィリエイトや販売にプラスではあります。書けないより書けた方が間違いなくいいいです。

でもですね、それが最強だと盲目になるのはいかがなものかと思うのです。

そんな私も、二度目のアフィリエイトでは

「マーケティング」つまりSEOと「コピーライティング」つまりセールス力さえ身につければ怖いモノなし! なーんて思っていたものです。

相変わらずの「単純思考」です。w

ただ、実際にはそれは確かに大切ではあるけれど、実践していくうちにもっと根本的な本質的なもので大切なものがあるな、そう感じるようになりました。

集客にしても、コピーライティングにしてもひとつのツールというか、テクニックというものなので乱暴な言い方をすると誰にでも身につけることができます。

もちろん、あなたも身につけられます。^^

でも、ただ机上で学んだだけで、コピーを書いたところでその紹介する商品の生まれるまでの背景とか、あなたの想い入れ使う人にはどんな人がいるのかというリサーチする力とかそういったモノなしには、人の心を動かすコピー(文章)というものは書けません。

アフィリエイトで、商品を紹介して売れたら報酬という成果報酬型のアフィリエイトの場合は、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を使用し利益を効率的に挙げて行くことが最強と言われています。

これは、メルマガを利用して稼ぐ人には大いに活用して欲しい手法ですし、今も間違いなく一番稼げる手法です。

でもここでは、DRMの話は、深堀りしません。メルマガにはなじみがなくできればブログだけで稼ぎたい、という人も多いと思うし、副業というスタンスをやるので、メルマガはできませんという方もいるはずなので。

もちろん、メルマガやDRMに興味のある方はこちらの記事で詳しく書いていますので、よかったらご覧くださいね。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を取り入れる理由とは?

販売するんだけど、販売ページへいざなうという視点

私たち、アフィリエイターがやる事は、販売のお手伝い。

コピーライティング力(販売力)があるに越したことはないですが、別にそこまでコピーライティング力がなくても大丈夫なんです。

何か、Nanaさん言ってることが矛盾してない?そんな風に思った方もいるかもしれませんね。

実は、どちらかと言えば、必要なのがその良いコピーを見極める力。

どうしてかというと、私たちは商品をブログで紹介して、その商品の販売ページへ誘導します。

結局、読者はその販売ページを最低一回は読んで商品の購入を決めますよね。

ですので、あなたを信用して商品を購入してくれるとはいえその販売ページが言葉は悪いですが「全くイケてないページ」だとせっかく紹介したって売れるものも売れません。

私がここで言いたい事は、あなたはコピーライティングというセールスに特化したライティングスキルがそれほどなくても普通に書く力があれば十分です、ということ。

コピーライティングというのは、独特な技術で当然、誰にでも習得可能ではありますがあなたがプロのコピーライターになるなら極める必要があります。

実はこのコピーライティングの技術は使い方によっては、心強い武器にもなれば言い方は悪いですが、粗悪商品でも良い商品に魅せることが可能になるのです。

私たちが目にする、さまざまな商品の販売ページはこういったプロのコピーライターが書いている場合がほとんどです。

悪い言葉を使うと「たいしたことない商品でも良い商品に見せることができる」そんな技術でもあります。

私たちは、コピーライターになるわけではないのでそこまでのスキルはなくたって、アフィリエイトでは稼げるのです。

どういうことかというと、自分の想いをわかりやすく熱をもって、正確に伝える文章力があれば十分なんです。

信用を勝ち取るのに必要なことはそういう他のところにあるんです。

私がお勧めしているコピーライティングの教材もそういったコピーライティングの技術を学ぶものです。

The Million Writingレビュー

十分に普通に読まれる文章を書くのにも役立ちますけどね。^^

コピーライティングよりもっと本質的に大切なこと

ただ、技術以前に大切なのは、伝えたい人のことを一番に考えるということ。

それをすることで、商品について入念な検証をしたりどうやったらうまく伝わるかに頭を捻ったりするのです。

そういった紹介したい商品を手にする人のことをしっかり考え、そしてあなたが伝えたい想いをしっかり伝えられること。

だから、別にそれが文章じゃなくてもいいし音声だって動画だっていいわけです。

ただ音声や動画は、録画したりする手間があるので、それより書いた方が早い!と思うのであればそうすればいいんです。

コピーライティングについてだけ勉強すればアフィリエイトですぐに稼げるようなことはないのでそれだけはここでお伝えしておきますね。

だから、コピーライティング力がどうやってもうまくならないからと、落胆しアフィリエイトをあきらめることはないのです。

ライティングを学んでいる間はちょっとお助けマンを借りてがんばってみる

そんなタイミングで、ライティング力が必要ないけれどテンプレートをコピペするような薄いノウハウではない教材が出ましたね。

当ブログでも売れているRMAという教材なんですがそのノウハウは「ネタにほぼほぼ永遠に困らない」という部分が個人的には、一番オイシイ部分です。

へ? そんな教材あんの? という方は

RMA(リアルミックスアフィリエイト)とは?

をお読みいただければと思いますがこのノウハウだと、ライティングのスキルもほぼほぼ必要ないと言えてしまいます。

ただ!

矛盾しているようですが、アフィリエイトを実践していくなら最低限のライティングのテクニックはみにつけるべきと私は考えています。

このRMAでライティングが必要ないノウハウなので、ライティング力を上げるノウハウは私の特典でおつけしているので、それも使ってください。

総ページ100ページを超えるボリュームになってしまいましたが、それぞれファイルを分けて作りましたので、サクッと読み、学べる内容になっています。

ライティングは「伝えたい想い」がとても反映されると私は考えているので、自分らしく一生懸命書き、書き続けることが根本的には大切です。

それに、テクニックが合わさった時に「最強」になるのです。

あなたも尻込みせずに、あなたらしいライティング力を身につけアフィリエイト道にお役立てくださいね。

それでは、また!