このページは、マイスピーの料金プランがいろいろあってどれにすればいいのかわからない!?とか、他社とはどう違うのか?といったお問い合わせをいただくので、マイスピーで運営し始めて3ヶ月近くなってきたのでレビューも含めてお話していきます。

大切な顧客やメールの管理を重要視せずにやってたら自分で自分の首を絞めますよ?!(←以前の私)

マイスピーの質問

マイスピーって上級者向けって聞いたけどホント?
マイスピーは私にはむずかしいかな?
まだ読者もいないのに最初からマイスピーってどう
マイスピーは他の会社と比べてどうなんだろう?

 
そんなギモンを解決していきます。

マイスピーの評判をいろいろ聞いたけど、料金やプラン設定がいろいろあって迷ってしまったあなたに、私も実際に迷ったあげくにマイスピーに落ち着いてますので、その辺りの私の体験談も含めてお話していきます。

まず、メルマガやりたいけどやり方がわからない方は勉強しましょう。^^

関連記事【メルマガのやり方】配信する準備をサルでもわかるレベルで解説します!

こんにちは、将来のお金の不安から解放されたいあなたの味方、Nanaです。^^ 

アフィリエイトを始めてすぐにメルマガの読者登録集めは始めたので、ブログ同様、メルマガ歴は2年半ほどあります。まともに運用し始めたのは、アフィリエイトを初めてから半年くらい経ってからです。

「まともに」というのは、メルマガ読者を集めて収益を自動化しているってところでしょうか。

マイスピー
Nana

忙しい方向けに、月に3万PV未満でも、ブログとメルマガで月20、30万円稼ぐ仕組みづくりを得意としています。

この記事でわかることは次の5つ
・マイスピーを選んでうまくいく人失敗する人
・マイスピーの料金設定について(Nanaはどのプラン?)
・マイスピーを選んで良かったこと
・なぜマイスピーを最初から使っていなかったのか?(乗り換えた理由)
・なぜ最初から有料メルマガスタンドを使ったのか?

しかも、最初からマイスピーを使っていなかったことを、マイスピーに乗り換える際に激しく後悔したので、その辺も踏まえて徹底解説していきますね。

もしマイスピーのプランで迷っている場合やメルマガスタンド選びの参考にしていただければ幸いです。

マイスピーに向いてる人、向いていない人

マイスピーが向かない人

マイスピーは、ただメルマガを配信したいだけで、収益化を考えない人には向きません。

マイスピーに向いてる人

メルマガで収益を上げたい、メルマガに登録してくれた読者さんを見込み客⇒顧客としてしっかり関係を作って行きたい人に向いています。

マイスピーの料金設定について(Nanaのプランは?)

マイスピーには4つのプランがあります。プラン比較ページ
詳細はプランページの表を参考にして欲しいですが、サクッと解説すると

ビギナープラン

アフィリエイト、ブログも初めてスタートさせたばかりの人はこちらがおすすめ。他のサービスと違うのが「サーバー」で、他の契約者さんと同じサーバーを使います。

デメリット
ちなみに、共有サーバーのリスクは、スパムメールを送るような人が万が一同じサーバーを使っていると、あなたのメールまで配達されない可能性が出てきます(涙

私は、エキスパ(マイスピーの前に使っていた会社)では共用サーバーだったので、到達率が悪かったのかもしれません。

パーソナルプラン(Nanaはこのプランです)

専用のドメインを購入して(プラン料金に含まれています)専用サーバーでの運用です(このプラン以上は全て専用サーバー)。会員サイトの作成が必要ない、今後も会員サイトを作る予定もない人はこのプランでよいでしょう。

私は会員サイトはCyfonsという会員サイト作成専用のシステムを使っています。毎月の支払いが発生せずに買い切りの会員サイト構築システムです。

マイスピー スタンダード プラン
Nana

もしCyfonsを持っていなかったら、パーソナルプランではなく、間違いなくスタンダードプランにしてました。

スタンダードプラン

マイスピーが、上級者向きと言われるのが、このスタンダードプランをおすすめとしているところにもありますよね。会員サイトを作る必要がある人というのは、ある程度顧客数を抱えていて、コミュニティの運営などしたい人だからです。

初心者の人でもゆくゆくそういったコミュニティを運営したい人は、いずれスタンダードプランにアップグレードを予定して、最初はビギナープランでスタートでも良いですね。

マッハプラン

スタンダードプランと比べても、費用、マシンパワーも違いますし、初期費用がかかります。本格的なビジネスの運用に必要ということで、メルマガも100万件宛てに一度に送ることができます。

実はマイスピーにも他社に負けてるポイントがあります(デメリット)

最近、サーバー会社をマネているのか「試用期間」を1週間、2週間と設けていたり、30日で満足できなければ「全額返金」なんて会社もあります。

この「試用期間」がマイスピーにはありません。あったらちょっと使ってみたい人にはありがたいですが、こういったものは、現在のサービスが売れにくくなっているから苦肉の策でつけた客寄せパンダの意味合いもあるので性能やサービスが劣るようなこととはまた別の話です。

ただ私は試用期間をつけないマイスピーさんの気持ちはよくわかります。個人的な考えですが、紹介ページでの解説でマイスピーの良さがわからない人がお試しをしてみても、結局、使い続けることができないことになるでしょう。

こういった無料のサービスや保証を付けるのは、サービスに自信があるからだ、と言われることもありますが、私は逆に性能やサービスに自信があればこそ、きちんとそれに見合った売り方もアリだと思うし、価格を変えてまであえて安売りする必要はないと思います。

それをしなくても、マイスピーのサービスは良いので順調に売れているのだと思います。時代の流れで今後はわかりませんが、私の場合は、試用期間がないことがマイスピーを選ばない理由にはなりませんでした。

マイスピーの機能について紹介(これだけあればよい!)【全プラン共通】

要チェックマイスピー機能説明ページ

配信数無制限
全プラン共通で配信数が無制限です。通常は配信数によって価格は上がる会社が多いです。
読者数無制限
一番お安いプランでもいくらでも読者数を集めることができるシステムです。通常はどんどん増えていきますから、読者数に応じてプランの価格もあがりますが、マイスピーはこれも据え置き価格です。
シナリオ(メルマガ)数無制限
メルマガもいくらでも作成することができます。最初に登録されたときだけでなく、ひとつめのメルマガが終わったら二つ目・・・・3つ目のメルマガとどんどん増やしていけます。メルマガ1が終わったら、メルマガ2、商品を買ってくれた人にはメルマガ3を送るというようなシナリオの振り分けができます。⇐※下記で追記。
登録フォーム作成
無料メルマガをひとつ追加すると、同時に登録フォームが作成されます。カスタマイズや、自分のブログのお問い合わせフォーム、メルマガ登録フォームとして使うことができます。登録フォームの設定方法
ステップメール
ステップメールを作成する機能です。いつの何時に配信する、というのをそれぞれのメールごとに設定できます。
ステップ数無制限
上記ステップメールを何ステップでも作れます。通常、お安いプランだと制限がかかっている会社がほとんどですがマイスピーは無制限です。
短縮URL
アフィリリンクなどの長いURLを短く変換でき、読者さんにクリックされた数を測れます。
クリック分析
どの読者が、いつ、どのリンクをクリックしたのか調べ、分析できます。
ブラックリスト(登録禁止機能)
あらかじめ登録してほしくないドメインやメールアドレス、IPアドレスを指定することで登録させないようにできます。
絞り込み配信
条件を指定して、一部の人たちだけに特定のメールを送ることができます。
売る商品がある人には、さらに使える機能満載!
私は、まだマイスピーで独自の商品やサービスを販売したことはないのですが、クレカ払いにも対応し、支払いのことが上位プランには含まれてきますので、カラーミーショップのようなショッピングサイトでサイトを作りなおす必要がありませんね。

マイスピーでしかできないこと

これからお話することは、もし他にできる会社があれば教えてくださいm(_ _)m

例えば、こんな風に読者さんにメルマガを送りたいとします。

①メルマガ登録してくれた人へ自動でお礼のメールを送る(自動返信)
②10~14日で一回目のステップメールで何か商品を紹介し、買ってくれた人、買わなかった人を分ける
③その後、次のステップメールは違う二つのステップメールをそれぞれスタートさせたい。
④以上のようなステップメールをいくつか作って運営する

この②ができなかったんですよね。

これができないと、購入してくださったお客さんを手動で通常のメルマガから削除しなくてはなりません。これが少ないうちはいいですが、購入してくださる方が増えたら大変な労働時間になります。

せっかくステップメールで自動化できても、ここで時間を取られてしまっては意味がありません。それで、これができるシステムを探して見つけたのがマイスピーだったわけです。

マイスピーにした決め手は?

ある意味、上記のシナリオ分岐ができること一点のためにマイスピーにしたと言ってもいいくらいです(笑 でも、それ以外もこうして改めて機能を確認してみると、他のメルマガスタンドより高くもないし、無制限部分を確認しただけでも、マイスピーのシステムのクオリティの高さが伺えますね。

マイスピーを選んで良かったこと

読者や顧客の管理がやりやすくなった

前よりも、顧客データと向き合おうと思うようになったのは、操作性が良いからだと思ってます。個人様の顧客データに到達するまでの時間が圧倒的に減りました。

メールやデータの保存時間が速い【作業効率アップ】

使い始めてみれば、メールを一通書いて保存する際の待ち時間がかなり減ったのは作業効率があがりました。

メールの執筆も最後の方になると、細かい修正になっていくので、頻繁に「修正⇒保存」の作業工程が出てきます。ひとつのメールや1人の顧客情報を修正して保存に時間がかかると待っている時間だって塵も積もれば結構な時間ロスになります。

メールサポートは丁寧で的確だし、購入者サイトあり

マイスピー メールサポート
Nana

あまり表立って派手な宣伝をしていないマイスピーさんですが、メールサポートは素晴らしく、対応も早いし、丁寧です。

購入者専用サイトがあるので、そちらで不明点などを探せますし、わからない時はもちろんメールで問い合わせます。

到達率が上がった気がする(肌感覚)

また、メールの到達率が高いのか、マイスピーでの運営当初は読者登録数が下がったのですが売上には響かず、むしろ上がりました

使いやすさ

デザインやインターフェースが一新して変わってとっかかりやすくなりました。最初は当然戸惑いますが、じっくり使って慣れてくれば全く問題なく十分使いやすいです。

細かいことですが、エキスパ比較ですが、エキスパは一回メールを書いてそれを日時設定などして最後に保存するまでの工程がたくさんあって、3回か4回クリックしてやっとメールが保存されるという念の入れよう。良く言えば、ミスをしないように慎重に設定されているとも言えますが、急いでいるときにちょっとイライラしました。

マイスピー メールサポート
Nana

その点、マイスピーは、書きあがった後は、1回もしくは2回でサクサク設定が完了するので早いです。

なぜマイスピーを最初から使っていなかったのか?(乗り換えた理由)

最初のメルマガ配信会社はエキスパだったんですが、当時のコンサルの師匠がすでにエキスパを使っていて、何もわからずそれに決めたような感じでした。

なかなか乗り換えなかった理由は、実は、今となってはマイスピーさんには大変申し訳ない、エラそーな言い訳なんですが、以前のインターフェースのデザインが若干イケてなくて見た目で「使いずらそ~」と思ってしまったというのがありました。^^;

だからと言って、到達率を考えたら一刻も早く乗り換えるべきだったのに、乗り換えに重い腰が上がらなかったのです。

乗り換えたのは、前の会社が何度か立て続けに不具合発生で同じメールが何通も一度に届いたりして、読者さんに迷惑をたくさんかけてしまったのが決定的でした。

でも、マイスピーさんも気合いを入れてデザインを一新してとっても見やすくキレイで使いやすくなりました!

後から気が付いたのですが、私はちょうどそのタイミングでちゃっかり乗り換えることができたようです。結局、前の好きじゃなかったインターフェースは使わずに済んでしまいました。^^

無料メルマガスタンドはどうなの?(おすすめしない理由)

そもそも、気が向いたら、ただ単発で日々のメールを送るだけに使うのなら無料の会社で十分だと思うのですが、全く意味がないとは言わないまでも、収益を狙ってステップメールをやらずにメルマガ配信するっていうのは、かなりもったいない、もっと言えばムダな話になってしまうんですね。

本音で言ってしまえば、メルマガはやらないでブログだけで稼ぐ道というのもあるので無料でやるくらいならそっちでもいいのでは?と思ってしまうのです。

例外は、ただライティングの勉強に毎日メルマガ配信をしたいんだ!という方はご自由にやっていただいてかまいません。^^

無料メルマガで文章を書く練習用に無料のメルマガスタンドはあり(英語)

有料メルマガ他社比較

マイスピーの一番お安いプラン(ビギナープラン)と他社を比較してみました。機能はほぼほぼ互角なので後は価格だけだと思います。かなり僅差ですが。個人的にはこの価格でシナリオ分岐があるならマイスピーしかないって感じです。

社名 最安価格 登録アドレス数 ステップメール シナリオ分岐
マイスピ 3240円/月のみ 無制限
ブラストメール 2000円/月のみ 3000件 × ×
ワイメール 4980円+初期費用10500円 無制限 ×
エキスパートメール 2970円+初期費用5000円 100万人 ×

まとめ:マイスピーの料金設定は機能性バツグンなのにお安くメルマガ初心者さんでも使えます!

マイスピーは、初心者にはむずかしい、ちょっと割高だという評判も何かの誤解だったとわかっていただけましたか?

価格に関しては、上記の表を見ればわかりますが、別に割高でもないし、むしろ同じような機能をそなえる他社と比べたら安いくらいです。価格と機能のバランスを理解できればお得感が伝わるかなと思います。

むずかしさに関しては、何でもそうですが、ブログ運営のwordpressの操作とかで、新しいテーマや新しいプラグインを導入しても、使い方を覚えるのが大変なのとなんら変わりません。

別段他のメルマガスタンドと比べて、マイスピーだけがむずかしいというわけではないです。wordpressさえ、今必死にやっているような人であれば、同じようにメルマガスタンドでの設定や使い方は慣れるまでは四苦八苦します。

でも、読んでくださる読者さんが待っていると思えば、できちゃうもんです。

結局、どれだけ長く使ったかなので、マイスピーだけでなくどこのメルマガスタンドでもそれなりに使っていれば慣れます。

覚えておいた方がいいのは、乗り換えるのが間違いなく後では面倒になるので、お試しがあるからってだけで決めずに、最初から自分が気に入ったところでスタートした方が絶対にいいです。断言します。
マイスピー 乗り換え
Nana

そうは言っても、私はなかなかマイスピーへエキスパから乗り換えることができませんでした(涙 人間楽な方を選んでしまう悲しい生き物ですよねぇ・・・。乗り換えなんてやらずに済むならそうしたいですもん。

なのでこのアドバイスは自分の失敗からあなたへ同じ間違いをして欲しくないというメッセージでもあります。^^;

マイスピーは業界でも桁違いに稼ぐ人たちが使っている印象

大きなお金を動かす人たちが使っているからこそ、それが信用担保になりますしちゃんとしたシステムだって言えますよね。

彼らが集める金額は、何千万、億単位ですから、そういったサービスに集まってくる大勢の顧客に失礼がないようにきちんと動く、付加にも耐えられるシステムやサポートするスタッフさんだと言えます。

ちなみに私の場合、ブログを管理するサーバーでは、エックスサーバーを私は10年以上使っていますが、それは彼らの仕事がプロとしてしっかりやってくださるからです。

メルマガスタンドにも私はそれを求めるのでサポートが手厚い丁寧なことは当然ですが、日々のシステムがしっかり稼働してくれる方により重点を置くのです。システムの不具合は、自分の顧客への信頼関係に響くこともあります。エキスパで大変な目に遭いましたから(涙

ですから、安心して自分の顧客データを保管できて、この価格は安すぎるのではないかと思っています。どうか値上がりしませんように(笑

マイスピー
Nana

もし、Nana経由でマイスピーの契約をしてくださった方には、1か月間のメールサポートをおつけしますので特典請求フォームよりご連絡くださいね。

それでは、今日はこの辺で!