このページでは、主婦がネットビジネスで稼ぐための作業時間について、実際、1日にどのくらいやれば稼げるようになるのか?というよくある質問から取り上げてみたいと思います。

こんにちは、Nanaです。^^

ネットビジネスの作業時間
Nana

アフィリエイトの作業時間は1日1~2時間で良いという話はよく聞きますが、本当なのでしょうか。

Nana

でも、いざ作業を始めてみると1日1~2時間ってあっという間です。

その辺りを、しっかり追及して、アフィリエイト初心者でも稼げる時間の使い方や取り組み方をお話していきますね。

作業時間はアフィリエイト実践の内容に沿ったものであるか?

例えば、記事を書こうと、パソコンに向ったもののネタが浮かんでこず、とりあえずネットでネタ探しでもするか、とネットサーフィンを始めたら、あっという間に2時間たった。

明日仕事があるし、寝なくちゃ!とそこで、パソコンを切って就寝したとします。

Nana

これって、作業2時間したことになると思います?

もちろん、勉強やリサーチはとても大切でやるべきことなんですが、これで作業をしたってことで終わりにしてしまう。こんな日ばかりで1週間、2週間、1か月と経ってしまった場合、毎日コツコツ記事を投稿していた人と比べてどうでしょうか。間違いなく差がつきそうですよね。

ですから、私が言う「1日の作業は1~2時間で」というのは、やはり記事の投稿やコンテンツ作成に直接かかわった手を動かした作業にあたります。リサーチや準備にかかった時間を除く、つまり作業の質というのが大切なんですね。

リサーチや学びの時間を作業時間に入れると起こる誤解

そこを勘違いしないようにしないと

Nana

教材を購入してから1ヶ月経ったのに、報酬が上がってない!
アクセス数が全然伸びてこない!

という、不安や怒りに変わっていくのです。ある意味、記事の投稿を全然していないのなら、アクセスだってくるわけないし、当然、売り上げだって上がることはありません。

ごく当たり前のことなんですが、大抵の人はそれでも時間だけが過ぎているようでむなしくなってしまうんですね。だから…

1ヶ月で、自分が記事を書く事にどのくらい時間を割いたのか。

商品ページを制作するのにどのくらいの時間を割いたのか。

このように、記事を作成する時間を純粋に計算して毎月何時間やったかを調べてみると、意外と一日1〜2時間にならないケースが多いです。それが悪いというわけではなくて、だからまだアクセスがないとか、反応がなくても当然なんだよね、と言いたいわけです。

作業時間は初心者のうちは多ければそれだけ成果が出る

この1日1〜2時間の作業時間というのは、パワーブログ(資産構築型ブログ)でアフィリエイトをやろうと言う場合には1記事書く時間を目安にしています。

1日一記事で、1か月で30記事書けますから、それで3ヶ月後くらいからアクセスが伸び始めるので、そこまでが100記事と言われているわけです。それができていないのに、落ち込むことじゃないということを言いたいわけですね。

ですから、ちょっとした誤解で、自分のアフィリエイトが間違った、失敗の方向へ進んでいるように思えてしまうのはかなり残念な話です。ですので、そういった実になる作業をしっかり実践していけるコツなんかを次からお話していきますね。

アフィリエイトの作業時間を毎日1~2時間で中身のある作業にするための2つのポイント

そんなにむずかしいことはありませんが、やるのとやらないのでは大違いです。行き当たりばったりのアフィリエイト作業では、せっかくのブログメルマガアフィリエイトでも稼げるようにはなりませんので、以下の2つのポイントを押さえていただければと思います。

ブログを作るための設計図を最初にしっかり作る

ブログ構築の全体的な流れというのを最初にしっかり把握しておく必要があります。
具体的にはこちらでも解説

ブログのテーマやコンセプト、商品選定からターゲットの選定など、どんな情報発信をしていくのか最初に定まっていれば、あとはそれに基づくターゲットの悩みをしっかり掘り下げてリサーチしキーワードやそこからブログのタイトル等を最初にある程度決めておくのです。

そうすれば、書くネタを探したりということをやりながら記事を書く必要がなくなって、毎日でも記事を書くことに集中できるようになります。初心者のうちこそ、このやり方でよりスピードを出せるように工夫することは必要ですね。

リサーチの効率や速さを上げたりタイピングの速度を上げる

無料でできるタイピング練習サイト

物理的に、作業スピードを上げることも意外にも大切です。馬鹿にできません。検索というのは、最初に念入りにしっかり調べていても、そのタイトルなどを決めた時とタイムラグがあったりして、改めて確認だけはしておきたい、ということが出てくることがあります。

そうなったら、より速く調べることができれば、余計な寄り道の時間がなくなるので作業効率はあがりますね。検索するワードをひねり出す作業だって、実際には、自分のブログに集める読者が「検索する言葉」を想像したり、調べる際にもおおいに役立つはずです。

真夜中の作業をやめて、眠くなったら寝る(笑

どうしても副業でやる場合は、夜の作業になると思います。深夜まで作業している人が本当に多く、頭が下がります。私のように専業であれば、昼間の作業ができますからね。ですが、それでも真夜中の作業はやっぱり効率がめちゃくちゃ悪いです。

若い人はまだ無理が効くと思いますが、子育て中のママやお母さん、副業でアフィリエイトするサラリーマンの方は、身体が元気であってこそのアフィリエイトだし、倒れてしまったら家族に心配をかけます。

寝不足が続いて体を壊してしまっては元も子もありません。であれば、眠くなったら寝てしまい(笑 その分、朝早く起きる、通勤時間をうまく使う、家事の合間を使うという工夫をぜひしてみてください。

家事や毎日のルーチンは夜に回してもよい

ちなみに私は、家事はなるべく夜に回しています。昼間の元気なうちにアフィリエイトの作業をします。そして夕方以降、夕飯の支度から、息子の勉強を見る時間を含め、夜はほとんどアフィリエイトの作業はできません。これは割と、アフィリエイトのスタートからのリズムになってます。

もちろん、スタート当初はスタートダッシュは大事だと思っていたので多少は無理もしましたが、身体が壊れるほどの睡眠不足状態にはなっていません。うまくバランスを取って、アフィリエイトに限らず、何をするにも体は資本ですのでお忘れなく。

アフィリエイトで稼ぐための作業時間って1日1〜2時間の間違い?!まとめ

アフィリエイトで稼ぐための作業時間は1日1~2時間というのは、本当です。^^ そのくらいでも十分に稼ぐことができます。

ただ、リサーチや学びに使う時間を、その作業時間に入れてしまってはダメですよ、という話でしたね。入れてもいいんですが、それだと結果が伴わないことが明らかですから。

人間の集中力なんて、2時間がいいところです。ひとつの作業をやったら、ふっと気が付くとだいたい2時間です。ですから、本当に時間がない中でアフィリエイトを実践するのなら、通勤時間や、隙間時間で音声を聴いたり、考え事をしたり、アイデアを出す癖はつけるといいと思います。

そのくらいアフィリエイトにハマって欲しいですし、愉しんで欲しい。^^ そのためには、最初のあなたのブログの設計図をしっかり作って、その通りに自分を行動させるように自分で管理できるといいですよね。

ブログの設計図の作り方に関してはこちらの記事で具体的なお話をしています。