ネットビジネスのおすすめをネットビジネスの種類別にご紹介しながら、私もアフィリエイト以外にもかなりいろいろ試してきていますので、その実際にやってみた体験記も交えながらお話していきます。

ネットビジネスおすすめ
Nana

これからネットで稼げるようになりたい人は参考にしてみてください。

こんにちは、アフィリエイトの伝道師Nanaです。^^

では、始めていきましょう。

ネットビジネスとはネット上のメディアを使って収入を得ること

ネットビジネスって何?
Nana

でも…ネットビジネスっどうやって収入になるの?

ネットビジネスって何?の回答
Nana

ネット上でお客さんを集めて、広告クリックや商品紹介、商品販売で収入を得られます。

ネットビジネスは何をやるのか

①ネット上で自分の意見や感想を述べる場を用意(ブログやYouTube)
②用意したメディア上に広告を貼ったり、メディア上で商品を紹介する

まずは、ネットビジネスと呼ばれるものはいくつかあって、こちらのページでも一部については解説していますが、ここでは知らなきゃ損するネットビジネスについては全てわかるように解説していきます。

1.ネット上で自分の意見や感想を述べる場を用意 ⇒ ブログやYouTube

まず、ネットビジネスというくくりで呼ばれるものは、リアルのお店を持たない、個人や会社が、ネット上にメディア(ブログや動画など)と呼ばれる自分の意見や感想などを述べる場所を作ります。

2.用意したメディア上に広告を貼ったり、メディア上で商品を紹介する

そして、日々そのメディアで情報を発信しながら(ブログ場合は記事を書く)、そのメディアに広告を貼って広告収入を得たり、商品を紹介して紹介料を得たり、自作や既存の商品を実際に販売して利益を得たりします。

ざっくりですが、やることは以上二つなのでシンプルですね。^^

ネットビジネスの報酬の入り方は大きくわけて3つ

①広告収入(アフィリエイト)
②紹介料(アフィリエイト)
③販売利益(物販、転売系)

売るモノや、売る場所、ビジネスの仕組みでいろいろ呼び名が分かれていますが、ネットで人を集めるのは全てのネットビジネスに共通して必要です。

広告収入

広告収入はアフィリエイトでできて、ブログなどに広告を貼ってその広告がクリックされたら報酬になります。

紹介料

紹介料もアフィリエイトです。商品があなた経由で売れることが条件ですが、商品を持たずにビジネスできるので、これもアフィリエイトの人気の理由のひとつです。

販売利益

あとは基本的には、メディアへの訪問者が何かを購入したり申し込みすることで、売上が上がって利益が発生します。

ネットビジネスって何?の回答
Nana

ネットビジネスほとんどが、あなたの元に集まった見込み客が商品やサービスなどを購入することであなたの収入となります。

ネットビジネスの種類は大きく分けて5つ【人気トップ5】

【第1位】不用品販売
【第2位】アフィリエイト
【第3位】転売・せどり

【第4位】情報販売(教育、コンサル)
【第5位】ネットショップ(自作、既存品)

【第1位】不用品販売

これは、不用品をヤフーオークション、メルカリなどのオークションサイトで販売することです。一つ売れても、大した金額にならなくても、塵も積もればなんとやらで、捨てようと思ったものが500円、1000円で売れれば、それが10点あるだけでも5000円、10000円となるわけです。

もともと捨てようかと思ったものを出品するわけですから、売れれば丸儲けで、思いがけない価格がついて売れることだってあるのが不用品販売のだいご味ですね。あなたにとってはごみ同然でも、誰かにとってはお宝ということは本当にあります。

またすぐに現金になるのがこの不用品販売のメリットでもあります。私の友人の中には、過去にご主人が無職になってしまって収入がなかった時に、家のローンが払えない!と家中のものをかき集めてebayというアメリカのオークションサイトで売りさばいて凌いだことがあります。10万円の収入になるくらいは本気で探せば出てくるものです。

△ここに注意
ただデメリットは、一度不用品を集めて売ってしまったらしばらくは不用品は出てこないという点です。

ネットビジネスのとっかかりに誰にでも挑戦するのに最適で、不用品が家にあれば一度は、断捨離ついでに販売するのはおススメです。ネットビジネスを始めるための資金にしてもいいですね。

【第2位】アフィリエイト

なにより商品を仕入れたり在庫を抱える必要がなく、発送などの手間もないのがアフィリエイトの最大のメリットです。初期費用がかかっても1万円かからない程度で済みます。

ブロガーさんの中には、アフィリエイト報酬がかなり大きいという人が多いです。つまりブログとの相性はバツグンだというわけですね。

読者をたくさん集める必要があるのが「広告収入」で稼ぐアフィリエイトで、紹介料で稼ぐアフィリエイトは、商品の価格、報酬率によって変わってきます。

私の場合は、ジャンルに特化したブログを作成し、情報商材や高価格帯の商品を販売するブログメルマガアフィリエイトをメインでやっていますから、ブログアクセス数は広告収入で稼ぐよりはだいぶ少なくても収入になるのが特徴です。
アフィリエイトで収入を得る仕組みをイチから解説する完全ガイド

△ここに注意
アフィリエイトのデメリットは、結果が出るまで少し時間がかかるため、また、初期投資が必要ないので、ほぼノーリスクで始められる分、モチベーションが続かないで途中で辞めてしまう人が多いことです。

【第3位】転売・せどり

転売、せどりも人気のネットビジネスです。アフィリエイトと違って商品は自分で探す必要がありますが、安く仕入れて、仕入れた値段よりも高く売るということができれば利益になるというシンプルなビジネスモデルです。

現在、転売やせどりは使えるプラットフォームが多様になってきました。アマゾン、ヤフーオークション、楽天、ebay、メルカリなどなど、仕入れるのも、販売するのもそれぞれできます。
自分のお店をこういったプラットフォーム内に持てるので、使用料を支払う必要がありますが、自分でネットショップを作ったり、支払いシステムなどを導入する必要がないのがメリットでしょう。時間をかけずにすぐにネットショップの運営ができるようなものです。

転売で実績を作ってアフィリエイトをやる人は多いですね。私のところにも、アフィリエイトを学びに来る方が結構います。

△ここに注意
デメリットは、以下3点
①仕入れ資金があった方が早く収入にはなるという点。
②発送などマンパワーが必要な作業があり、収入に比例して体力と時間がかかる。
③外注をうまく使えないと自分が作業できなくなったら収入が途絶える。

【第4位】情報販売(教育、コンサル)

これは、自分の得意なこと、長年のキャリアを積んだスキル、強みなどを生かして、「何かを教えること、相談にのること、でそのレクチャー料をいただく」ビジネスモデルです。形となっていないものなので、世間には詐欺同然の情報などもかなりまん延している状況です。

○○コンサルタント、○○教えます! というような自分のスキルなどをネット上のブログやYouTubeで公開しながら、信用と人気を獲得しファンと作っていきます。そうしたファンが見込み客となって、あなたのサービスを受けたい!とコンサル料や受講料を支払ってくださることで収入に繋がります。

アフィリエイトの中でも、情報商材を主に紹介する情報商材アフィリエイトを実践すると、いずいれはこの情報販売を行うことができます。自分のノウハウというものをきちんとコンテンツ化して販売できるようなスキルが身につくからですね。

△ここに注意
デメリットは、それなりの経験や実績を積み上げた上で、情報発信していかないと信頼を獲得するのがむずかしいです。またお客さんとのコミュニケーションも必要になってくるので、ネットだけで一人ひっそり稼ぎたい人には向きません。

【第5位】ネットショップ(自作、既存品)

ネット上だけで商品を販売します。実店舗を構えないのはメリットです。友人の一人にパワーストーンを売っている女性がいます。彼女は最初は「売れそう」という勝算を感じて販売を開始したんですが、結局、石の魅力に取りつかれて(笑 資格や免許を取りまくったりするほどのハマりようでした。

そのくらいの商品を見つけられて販売できると、忙しくても愉しそうなのでいいと思います。

Nanaの物販体験レビュー

私も実は物販サイトを運営した経験があります。どこかの記事にも書きましたが、楽器を販売していました。何十万もするものではありませんでしたが、為替の後押しもあり、アメリカで仕入れて、そのまま日本の顧客に販売していました。

集客にはPPCと言われるネット広告を使って広告を出してお客さんを集めていました。ただ、広告の出し方をあまり突き詰めて勉強せずにやったので、せっかくお金をかけてもお客さんの数が集まらず、毎月の収入は2,3万円。もっと集客をしっかりやれたら普通にもっと稼げたと思っています。1年ほどで為替が動き採算が合わなくなって撤退しました。

△ここに注意
ネットショップをやるなら、ある程度仕入れの販路を確保できるモノを選りすぐって選び、自分が愛情を持って売れるものじゃないと続けるのは難しいですし、実際に、為替とかに価格が左右されるのも売上が安定しない要因になります。

ネットビジネスでの肩書きは言ったもん勝ち

ネットで稼ぐ人っていろいろな肩書きの人がいますね。特に肩書きはなく「ネットで稼ぐ住人」的に自身を呼んでいる人も多いです。また、最近ではブロガーと呼ばれる人たちがここ数年でかなり増えてきましたしね。まぁ自分が名乗った時点でブロガーだし、アフィリエイターってことです(笑

ブロガーの彼らだってだいたいこの5つのいずれかをいくつか試しながら今はブロガーとして活動していたり、いくつか掛け持ちで稼いでいる人がほとんどで、ブログやYouTubeというメディアを使ってそれぞれの情報発信をしています。

アフィリエイトはほとんどのブロガーさんが行ってますし、アフィリエイト専業です!みたいな人もいます。

Nanaのネットビジネス歴

私はちょうどアフィリエイト専業の人と、ブロガーさんの中間くらいの立ち位置で活動しています。

ウェブデザイナーでもあるので、そういった仕事も受けますし、ウェブ制作と集客を含めたコンサル的な仕事もあります。

今は、子育てもあるので、自動で稼げるアフィリエイトが一番収入があるし、これに時間を割いています。現在、収入が一番多いというだけの話です。

アフィリエイトが一番な理由
アフィリエイトの収入は、一度仕組みを作ってしまえば、あとは定期的にブログのメンテナンスや更新などをしていれば、自動でお客さんも集まってきますし、商品も売れていくのでデザイナーの仕事やコンサルの仕事ができるようになるのですね。

ネットビジネスのおすすめをランキングつきで本音解説【2019年版】まとめ

自分がアフィリエイトで本当に人生変わったので、アフィリエイトをイチオシしていますが、転売やせどり、不用品販売も、サクッと資金集めにやるのはいいと思います。

私のところにもコンサルや他の講座でアフィリエイトを学びに来てくれる方の中には、転売で結果を出している人が結構います。やはり転売などの物販系は、商品を探し続ける必要があって収入の安定がなかなか難しいからのようです。結局、転売⇒情報販売と言う流れでビジネスを進めていきます。

でも、転売をやめるわけではなくて、外注化して転売部分は自分は管理するだけとかになり、情報販売やコンサルなどに力を入れるようになります。

ここまでの内容を読んで、しっかり検討していただけば、自分がやれそうなもの見えてくると思います。大切なのは、自分のモチベーションが上がりそうか?という感覚を大切にし選ぶことです。失敗してたっていいですし、読んでもイマイチ決められないなら、片っ端からやってみる、というのもアリですよね。

成功するまで、やめなければ成功します。シンプルです。たいていは、実践量(作業の量)が足りないだけですから。今日挙げたネットビジネスはどれも稼げるものばかりですので、まずはどれでもよいので始めてみましょう。

もちろん、アフィリエイトに興味が出たならこちらから学びを進めて行ってくださいね。
アフィリエイトで収入を得る仕組みをイチから解説する完全ガイド