こんにちは、ハック那奈です。


本日は、玉谷王介さん、杉浦礼さんのお二人から
AmazonEAというAmazon輸出ノウハウの
無料オファーが届きましたのでレビューしていきます。


玉助のAmazonEA01


【オファー名】Amazon EA → たますぎ倶楽部

【販売者】玉谷王介、杉浦礼

【価格】無料オファー

圧倒的ツールの信頼性と継続性がカギとなるアマゾン輸出ノウハウのAmazonEA

LPでは、初期設定わずか5分、自動売買を繰り返すことで
継続報酬31500円が毎日入金されてしまうドル箱ロジックで

物販未経験者でも、プロと同じレベルのキャッシュを稼ぐ
と謳っています。


Amazon EA(アマゾン・エキスパート・アドバイザー)という
特許申請中のツールのようなことを大々的に謳っていますが

申請は誰にでもできますし、時間もかかりますから
実際に取得できたら教えていただきたいものです。


さて、このノウハウは玉谷さんが開発した
アマゾンでの自動売買ツールがその圧倒的な稼ぎのカギを握っています。


いつの時代もこういった夢のようだと言われるツールが
開発されていくのですが、それも、いつか廃れてまたソレに替わる
新しいツールが次々と出てきますし私たちはそれを観て来ています。


歴史は繰り返される、とは良く言ったものです。


さて、そんな事実上不可能と言われていた
ツールを引っさげてのAmazon輸出のオファーです。


今回、Amazon市場でFBAを利用した転売と、
無在庫転売のノウハウの両方をメインにしたオファーで

実際に「たますぎ倶楽部」というスクールのような形で
参加者を募るオファーに発展していきます。


それでは、さっそくその「三つの神器」と呼ばれるツールを含む
Amazon輸出のノウハウについて観て行きましょう。


その稼げる仕組みは、転売ということでシンプルで
「出来る限り安く仕入れて高値で売る」ということで

しかもAmazon輸出ですから、アメリカのアマゾンのサイトで
日本の商品を販売するというものです。


その販売方法は、FBAを利用する有在庫販売と無在庫販売。


どちらにせよ、肝となるのは「仕入れ」の部分で
いかに売れる商品を、早く、安く、多く仕入れられるかが
このアマゾン輸出でも例外なく成功するための秘訣となります。


特に、今回のアマゾン輸出のノウハウでは、小さいもので
消費される商品、つまりリピートされる商品や、おもちゃ類などで
ひとつひとつの価格はそれほど高額ではないものを選びます。


差益も、1000円以上位を目安に、数千円出る商品を
数を多く売りさばくという手法になるので、
当然、資金のある人の方が有利な内容となっています。


アマゾン輸出の場合、購入者が外国人ということで
国内転売とは売れるものも当然違ってきますし

日本で売れないものでもアマゾン輸出では
売れるものがあることをアピールしています。


当然、その逆で、国内で売れても
アメリカでは売れないということがあるわけです。


仕入れの方法は、大きくわけて店舗での仕入れか
ネットショップで仕入れるかになるわけですが
店舗仕入れではダイソーでの仕入れ風景を動画で紹介しています。


ネットショップもアマゾンに限らず、
出来る限り安く仕入れられるところから仕入れるという
まぁ転売に興味あったりちょっとかじっていれば
誰でも知っている内容でしたね。


そして、いよいよ日本アマゾンから仕入れ、
アメリカアマゾンで販売するまで「3つの神器」と呼ばれる
ツールたちをフル活用したこのノウハウの説明です。


まず、三つのツールですが

・インサイダーツール

・トリプルオメガツール

・自動刈り取りツール

と呼ぶものです。


一つ目はインサイダーツールで、キーワード、カテゴリーで商品を検索し
過去に売れた4000個の商品を抽出してくれるもの。


このリストは、アメリカアマゾンでのランキング情報なども含まれ
CSVファイルになって指定のメールアドレスに送付されてきます。


次に、玉谷さんが3つの中でも特にすごいと絶賛のツールが
トリプルオメガツールで、CSVファイルで届いた4000個の商品を
アップロードすることで一度で出品できるツール。


通常、出品作業に6〜7時間はかかるところを、
相当短縮できるだけでなく
価格調整をも自動でやってくれるツールだということです。


転売初心者さんが、価格調整でつまづくことが多いので
特にその部分に力を入れて作ったと謳っています。


最後に3つ目のツールが「自動刈り取りツール」で
A10(エーテン)ツールと動画内では呼んでいた
Amazon 1click Orderという購入を自動化できるツールです。


それぞれのツールの、実践風景を動画で解説していましたので
どのように自分が使えるのか、理解できる内容になっていました。


この段階で、このツールにノウハウを加えてパッケージにして
販売なり、スクールなどを開校して入学者を募る形を
ほのめかしていましたね。


このツール開発費用に、150万円かかったことを玉谷さんが
さりげなくアピールしていたことで、参加費は無料ではないことは
感じましたが、一体いくらになるのか?


その金額次第では、ちょっとおいしいツールかも? と
思った人がいたかもしれませんね(笑

ほとんど語られていないお客様のこととツール依存のリスク

転売で使うツールもここまできたか〜!というくらい
画期的ツールであるように見えましたが、ここで忘れてはいけないのが
転売などの物販をやる以上は、お客様があるということです。


FBAを利用するのは、ひとつひとつは安く小さいものでも、大量に仕入れて
アメリカアマゾンの方で保管してもらうことになるので、資金が必要です。


つまり、ある程度、このアマゾン転売で収益をあげてからの話になるので
最初のうちは、無在庫販売で利益を上げて行く事になり
それだと、お客様とのやりとり率というものが上がってくるはずです。


アマゾンという巨大な市場を利用できる強みから、
集客の必要がないので簡単に稼げるように見えますし、

今回のようなツールがあると
もう完全無敵なような気になったかもしれませんが、
果たしてそうでしょうか?


実際に、アメリカ在住の私はアメリカアマゾンでよく買い物をします。


なにしろ、早いし、最安値であることも多いし、
例え最安値でなくても不良品などが届く事がほぼ皆無だからです。


アマゾンというネームバリューで利用しているところは大きく
配送の早さや最安値ではなくてもそこは妥協し
安心と安全を買っているわけですね。


ですから未だに、アマゾン内ではあっても
本家のアマゾンではない他のお店から購入する場合は
多少は神経を使います。


アマゾン以外では、正直どのショップでもよく
レビューが良いところに決めることが多いですね。


なぜなら、知らずに偽物を販売しているようなお店もありますし
梱包などが雑なお店もあるからです。


レビューはそういった意味で必ず確認しますが、ここはアメリカ。


たった一回のミスでも、お客さんは容赦しませんし
しっかりレビューで悪い評価をしてきます。


顔の見えないやりとりの怖いところですね。


アメリカは広いので間違った商品が届くと、商品を送り返し
さらにもう1週間以上下手をすると10日以上も

商品を受け取るまでにかかることもあり
そのストレスから悪いレビューをつけられてしまうのでしょう。


このような自分のネットショップを持たず
こういった大きなプラットホームをを利用する場合は
自分だけではコントロールしきれない場面で
お客さんを失ってしまうリスクがあるわけですね。


このノウハウですと、薄利多売ということで、そういった
お客様に迷惑がかかることへの多少のリスクには目をつぶり
売りさばいていこうという印象があります。


同じツールを利用する、ライバルでありながら
販売者同士の連帯感も、確かに大切な時もありますが
物販ビジネスをやって行く以上、お客様を一番に考えないのは
理にかなっていません。


それに、この「たますぎ倶楽部」に参加した場合、
このツールを使える期間やサポート期間が
どのくらいあるのかわかりませんが、

このツールを永久的に使えるわけはまずないでしょうし
一定期間を過ぎたら、月額で利用料を支払うことになるはずです。


このようなツールありきのノウハウが登場した場合には
必ずお話しているのですが、

転売や物販ビジネスをやる上での本質を知らずに
ただ「仕入れて指定の場所に商品を並べる」ことしか習得できず
あなた自身に、集客の力や、販売する力がつくことがないわけです。


確かに、日本の製品は、粗悪な中国製よりもよっぽどいいですし
ダイソーはアメリカに進出してきました。


それでも、日本製だから絶対いいものだと決めつけるのは乱暴過ぎます。


日本で100円で売っているものは、アメリカの1ドルショップの製品よりは
はるかに良質ですが、日本で100円で売るものは、
そのクオリティーはそれ以上でもそれ以下でもありません。


非常に温和な感じの玉谷さん、明るく朗らかな印象の杉浦さんで
両者とも、とても人を騙したり、自分だけ稼げればいい、というような
第一印象ではないですし、きっと精一杯サポートしてくださるでしょう。


玉谷王介・杉浦礼


でも、彼らがとても優しそうな人たちなのと、
あなたが真の稼げる力を身につけられることとは全く別の話です。


ですので、個人的には、ツールありきのノウハウよりも
きちんと転売で稼ぐ真の稼ぎ方を身につけるために
投資するべきだと考えます。

転売における真の稼げる力を身につけるには?

ツールにほぼ頼り切って稼ぐ方法は、もしそのツールがなかったら?
ということを考えてみたときに、おのずと真実は見えてきます。


今回の玉谷さんが大金を投資して作成したシステムと言える
アマゾン輸出で稼ぐための「3つの神器」ですが
確かに、素晴らしいツールかもしれません。


しかしながら、このツールも利用者が増えて行けばいくほど
競合にはなりますし、市場もアマゾンのみであることから
飽和もやはり懸念されるポイントです。


もしこのツールが突然使えなくなってしまったり
万が一、玉谷さんの会社が倒産してしまったり

あなたがイチからまたビジネスを立ち上げる必要が出て来た時
自分一人でビジネスを立て直すことができますか?


ツールを利用していた時と同じだけの報酬を得る事ができますか?


もしそこに不安が生じそうだ、できないかも、と思うようであれば
あなたは真の稼ぐ力を身につけたとは言えないのです。


ツールなどは、いつか古くなるものですから、
アップデートの必要なども出てきますし、為替変動でも
輸出・輸入の場合は影響がありますから、
一生安定して稼ぎ続けられる保障は実はどこにもないのです。


そこでやはり私はアフィリエイトをオススメするのですが
転売より即金性では劣るので、アフィリエイトも良さそうだけど
転売に興味がある初心者さんが一定数いるのも理解できます。


そういった方のために提案しているのは
せどり転売をうまく利用して、アフィリエイトで稼ぐ方法を
しっかり学ぶことで稼げる教材の実践です。

仕入れで自由自在にお宝を発見できる術を身につける方法はこちら


アフィリエイトでは、ブログ構築などに時間が必要だったり
ライティングのスキルがすぐに身につけられるものではないので
躓きやすい初心者の方が多いのですが、

このセドクエだと、せどりでまずはキャッシュを得る事を
速攻で体感できるところが人気の教材です。


それから、本日初めてこのページを訪問してくださった方へ
訪問感謝キャンペーンということでプレゼントをご用意しています。^^

↓↓画像をクリックでプレゼントをゲットする↓↓


それでは、また。

Nana