decision-making


こんにちは、ハック那奈です。


突然ですが、アフィリエイトで躓いてる場合って
最初の段階で、間違ってた!みたいなケースも多いです。


自分の興味や得意分野などで決めるのはもちろん悪くはないんですが
それで、イマイチ成果が出なかった場合に、次へ行けない人がこれまた多い。


そもそも、成功している人だって最初っから成功したかって言えば
ほぼほぼ『No』ですよ。


いろいろなジャンルで実践しています。


なので、当然、当ブログで教材を購入してくれた方には
その辺のジャンル選定やターゲット選定なんかも
アドバイスさせていただいています。


私と同様に、割と、一度はアフィリエイトをやってみた、ような人も
読者さんの中には多くて、今実践しているアフィリエイトもムダにしたくないし
でも、稼げないのでどうしよう・・・って人が多いです。


私だけじゃなくて、アドバイスできる立場にある場合に、
こちらから『このジャンルで行きましょう!』という決定はせずに、
自分で決めてもらいます。


まともな指導者ならそうだと私は考えています。


どうしてかというと、そこまで人に決めてもらって
実践が続くワケがないからです。


これでいこう!と自分で決めて、実践し
しばらく実践してもダメなら、別のジャンルを試す
とういことを繰り返し、成果が出るまで続けることです。


それをしないと、まずスキルが身に付かないし
マインド=思考だって稼げる人になっていきません。


先日話した『実践知』こそが、自信に繋がるスキルですし
それに関しては、こちらの記事を読んでみてくださいね。


アフィリエイトでモチベーションを持続させる思考


自分のビジネスをこれからやっていくのに、
人に決めてもらわないとできないという思考では
おそらく一生稼ぐことが難しくなってしまうからですね。


なので、ここは心を鬼にして、きちんと頭を使ってもらって
考えて自分で決めてもらうようにします。


もちろん、RMAなどの指導では、考えてもらいながら
私の方でもいろいろ提案させてもらってますので
突き放すとかではないですからご安心を〜。^^

RMAって何?って人はこちら。

脱・初心者をめざす思考と方向転換

自信がつかないとそんな決められないよ、とか
初心者なんだから自信がなくて当たり前だ、とか

色々悩みはつきませんね。^^;


ただ、こればかりは成果が出るまで続けたもん勝ち!で
その人たちだけにしか与えられないスキルとも言え
自信がないながらも、決断して進んで行くことが脱初心者への道です。


正直、それしかありません。


・・・という身も蓋もない答えではありますが。^^;


抜け出すためには、それこそ実践しかないのは、前から話をしていますが
まずは『目指せ!脱初心者』の思考なんです。


もし、1年、2年と実践し続けているのなら
それ自体は素晴らしいことなので、でも稼げていないのなら
『どこかが間違ってるに違いない・・・』と気がつき
それに対して対策を講じることが必要です。


その対策は、
アクセスアップであったり、ライティングスキルの向上だったり
人によっていろいろあるとは思います。


ただ、もしジャンル選定で
大きな間違いを犯しているような気がするなら
ここは思い切って方向転換です。


今あるブログやサイトは継続しつつも、新たなジャンルに挑んでみる。
この際に、ブログやサイトはイチから作りますよ。


今まで手をつけたことがないような、ライバルの多そうなジャンルでも
切り口次第では、全然集客できることってよくあります。


ここまでがんばってきたあなたであれば、新しいジャンルでも
また継続してやっていけるはずです。


そして、ジャンル選定がなかなか決められない人もこの方法で
自分で決めてみて欲しいですね。


やっぱり、自分で決めないと続きませんし
今後もずっと、何か不安になると随時、相談しないと
前に進めない人になってしまうからです。


どうしても、ジャンルが決められないような人には
最初からジャンルが決まっているアフィリエイト教材で
実践していくのも選択の1つですね。

トレンドアフィリエイトのGTAレビュー


もともとジャンルは決まっているので、手だけ動かせばいい
という教材ですね。


他力本願とは違って、自分でしっかり作業する必要はあるし
アドセンス報酬を狙って行きますから、
アフィリエイトの基本的なスキルはしっかり身につけられます。


ジャンルに特にこだわりがなくてあなり頭を使わなくても
稼げる方がいい人向きですね。


PS.

それから、本日初めてこのページを訪問してくださった方へ
訪問感謝キャンペーンということでプレゼントをご用意しています。^^

↓↓画像をクリックでプレゼントをゲットする↓↓


それでは、また。

Nana