こんにちは、ハック那奈です。


結構、アクセスアップについては
ネット上にかなりの数の情報は転がっているのに、
お問い合わせなどをいただくことが多いですね。


多くの方が悩んでいるようです。


そこで、本日は、アクセスアップのコツの中でも
より濃い見込み客(リピーター)を集める方法ということで
お話していきたいと思います。


repeat_customer2


まず、ひとつのブログの例をお話します。


実は、無料ブログでSEOに強いFC2を使って
全くアフィリエイトとか関係なしに物語などを書いて
アクセス数を毎日何千と集めている友人がいます。


ちなみに何も収入に結びつけていないそうですが・・・。w


あるストーリーを書いているそうなんですが
「恥ずかしいから絶対教えない!」ということで
どんなブログをやっているのか教えてくれなかったのですが

まぁそれでも、おもしろいストーリーだから
それだけアクセスがくるんですよね。


この「おもしろい」というのも捉え方次第で
アフィリエイトで情報発信する場合「読者にとってためになる記事」
を書く事が推奨されます。


大抵は「ためになった」「気づきをもらった」という記事を読んだ人は
おもしろかった、って言います。


なので最初のうちは「ためになる記事」を書く事に注力を注いだ方が
結果的には面白い記事にもなりうるので、そちらを優先して
記事を書いていくようにしてください。


面白さは、ためになる記事を読ませられるようになったら
次に意識したいライティングのポイントです。


そして彼女の場合は実はアクセスが稼げている事には
カラクリがちょっとあって

「人気のあったドラマの最終回の続き」

をテーマに独自の視点から創作していくというブログだそうです。


その記事の中で「自己啓発的な話を盛り込んでいる」ので
問い合わせメールなんかもくるそうです。
(でも、彼女にはリストの概念はありません。)


実際の最終回に満足いかなかったから
その続きを書くというのは、発想としては面白いですよね。


ただ、アクセスが来ていること(読まれていること)に
自己満足しているだけでそこで自己啓発記事を盛り込んでいるのは
テーマ的に繋がるならいいですが

結局、ターゲット層は「そのドラマが大好きな人」なので
ビジネスと結びつけるのであれば、当然正しい戦略も必要だし
これですぐに稼げるかと言えば、なかなかそうも行かないでしょう。


アクセスが来ているからと言って、
そんな簡単にマネタイズへ進みません。


その流れで広告をクリックしてくれる層がどのくらいいるのかも
戦略次第ですが、このまま何も考えずに貼ってもダメです。


ここでは、おもしろいストーリーはアクセスを集めることができる
という一例をご紹介したかっただけですのでね。


彼女の場合は
「私ならこういうストーリーにする」という独自の切り口で
書いて行ったので、アンチコメントなども相当いただいたと
言っていました。


おもしろい記事ってそういう側面があります。


実際に、そのくらい尖ってないととファンは増えません。


ライティングの中でも特にこのストーリー性の強い
ストーリーテリングというライティング手法を使って

人を惹き付けて読ませる手法があるのは、
新世界アフィリエイトのレビューの中でも話しています。

新世界アフィリエイトのレビュー


ストーリーテリングを使えるようになってくると
アフィリエイトの記事のようなビジネスで役立つ文章を書く際に
読ませる記事を書く事ができるようになります。


つまり、読者がまた読みたいな、と期待し
記事更新のたびに再訪問してくれるようになります。


それがリピーターを増やすことになりますね。


もちろん、そのスキルがなくても私たちアフィリエイターは、
何らかのテーマで記事を書いていきますから、
そのテーマが読者が読みたいもので常に記事を書いていく必要があるのです。


正直、多少文章が下手だって、読者に読まれる記事は書けますからね。


濃い見込み客というのは、最終的にはあなたが紹介した商品を
あなたから欲しいと思ってくれる読者です。


あなたが書いた記事に価値を見いだして共感してくれて
あなたのファンになってくれる読者がそういったお客様です。


そのために、その読者が欲しい情報を常に考えて、
読者の立場になって情報を発信することを忘れないことが
濃い見込み客を集める記事を書く事に繋がります。


あなたの読者はつまりあなたが想定しているターゲッとということになりますが
そのターゲット選定がズレていないか、時々確認することを私はお勧めしています。


また「アクセス数が増えているのに、どうにもリピーターが増えない」
そんな時は、
「読者が知りたい情報が、一回の訪問でほぼ読み切れてしまう」可能性があります。


要するに答えはシンプルで
「記事の数が根本的に足りてない」ってことです。


一回の訪問で満足してしまえば、
よほど記事がおもしろくまた読みたいと思わない限り
わざわざブックマークしませんね。


最初に訪問してくれた際に「読み切れないほど読みたい記事がある」
状態で迎え入れないといけないわけです。


そして、二度目の訪問で面白い記事がなかったら
「なーんだ、もう新しい記事はなしか」と帰ってしまいますし
そんなことが続けばいずれこなくなってしまうのは当然です。


一度に何記事も書けてしまうような内容の薄い記事を増やすのではなく、
読者さんの立場で欲しい情報をひねり出し
あなた独自の切り口で書いていくことが大事です。


そして「定期的に継続して記事の投稿をする」ことが
リピーターを作るには不可欠になってきます。


アフィリエイトの最初のうちは定期的な更新を心がけ
時間がなくても、3日に一回、1週間に一回でもいいんですが
もちろん、1日1記事投稿できるのがベストです。


読者の立場になって考えるということは、どんなアフィリエイトでも
全てのジャンルで共通して必要なことです。


そして、ためになる記事をコツコツ投稿して積み上げていきます。


これをやるだけで、ライバルが多い需要のある市場でさえも、
きちんとターゲットを絞ってその人たちに向けて書かれた
ためになる記事なら必ずやアクセス数は上がってきます。


良かったらあなたが自分のアフィリエイトを見直すのにお役立てくださいね。


それから、本日初めてこのページを訪問してくださった方へ
訪問感謝キャンペーンということでプレゼントをご用意しています。^^

↓↓画像をクリックでプレゼントをゲットする↓↓


それでは、また。


Nana